靴の寄附についてまとめました。

MENU

靴って寄附できるの?

靴 寄附

 

靴の寄付をお考えですか?

 

履かなくなった靴を捨ててしまうぐらいなら、アフリカやフィリピンなどの恵まれない子供達に寄付としてプレゼントしたいという気持ち分かります。
どうせ捨てて処分してしまうのなら誰かに履いてほしいと思いますよね。

 

でも、あなたが履き古して汚くなった靴を寄付としてもらったとして、本当に恵まれない子供達が喜んでくれるのでしょうか?
いくら善意で靴を寄付したいと思っても、寄付した先の人達が本当に必要としているかどうかは分かりませんよね・・・。
よかれと思って靴を寄付しようと思っても、あまりにもボロボロの靴は履きたくないと思われてしまうかも。
靴を寄付したいけどどうしたらいいか分からない。
そんな人の気持ちを無駄にしないのがブランディアというサイトです。

 

ブランディアは洋服の寄附数No1!

 

靴 寄附

 

>>ブランディアについて詳しくはこちら

 

ブランディアはブランド宅配買取の最大手として有名で、CMもよくやっているのでご存知の方も多いと思います。
実はブランディアは洋服の寄付をずっと行っていて、洋服の寄付点数が世界No1になっているんです。
買取不可でもう着れなくなった服を、フィリピンの恵まれない子供達やお年寄り達に寄付しているんです。
フィリピンの中でも特に貧しい人達が集まっているマニラ近くの子供達、お年寄り達に寄付しています。
TVなどで見たことがある人もいるかと思うのですが、フィリピンで本当に貧しい子供達というのは、靴もはけずに裸足のまま、ゴミ山からまだ使えそうなものを拾い集めて生活しているそうです。
もちろん学校にも行くことが出来ず、まともな教育も受けられないそうです。
ブランディアではこういった恵まれない子供達に買取不可の洋服を寄付し続けており、今では洋服の寄付数が世界第一位になったそうです。
きちんとギネスの記録としても認定されているそうです。
ブランディアで靴まで寄付しているかどうかは不明なのですが、いらない洋服などといっしょに靴も送ってみるといいと思います。

 

靴 寄附

 

ブランディアで洋服や靴を寄付するのはとても簡単です。
公式サイトから宅配買取キットを申込むと、ダンボールを発送伝票とともに送ってくれます。
そのダンボールに寄付したい靴や洋服をつめてブランディアに送り返すだけで寄付できちゃいます。
もちろん送料無料です。
着払いで靴や洋服を寄付できるので、とても簡単です。
靴を寄付したいという気持ちを大切にして、いらない洋服などといっしょにブランディアからフィリピンの恵まれない子供達に寄付してもらいましょう。

 

ブランディアを介して靴や洋服を寄付するなら、公式サイトから宅配買取を申込んでください。
とくに寄付などとは書いていませんが、買取不可の洋服や靴は寄付することが出来ます。

 

靴や洋服をブランディアを通して寄付するなら、ブランディア公式サイトからどうぞ。

 

靴 寄附

 

 

買取金額の一部を寄付することも可能

靴 寄附

 

ブランディアでは買取不可の洋服や靴などを寄付していますが、買取金額の一部からお金を寄付することもできます。
買取金額の寄付については、フィリピンなどの恵まれない子供達以外にも、いろいろな団体に寄付することが出来ます。
環境保護や被災者支援など、社会に役立ついろいろな団体に寄付が出来ます。

 

ブランディアはもともと、もったいない精神でいろいろなものをリサイクルしてエコを推進する企業です。
靴や洋服はもちろん、バッグ、文房具など、あらゆるものをリサイクルして社会に還元していく活動を実施しています。
ブランドものの靴であればブランディアは買い取って、オークションなどに転売して利益を得ています。
ブランディアも利益を追求しないと従業員にお給料を払えない企業なので当然ですが、その靴の買取金額の一部を恵まれない子供達などへ寄付することもできるんです。

 

靴そのものの寄付ももちろん大事ですが、買取金額の一部を寄付するということも大事だと思います。
実際、履き古しの靴とお金だったら、どちらが恵まれない子供達などにとって役立つかというと、たぶん靴よりもお金というのが現実だと思います。
靴そのものの寄付、あるいは靴の買取金額の一部の寄付という形で、恵まれない子供達などを支援するならブランディアを通して寄付するのがおすすめです。
ブランディアであれば着払いで送料無料で靴や洋服を寄付できるので、とても簡単です。

 

ダンボールに詰めて送り返すだけなので気軽に靴や洋服を寄付することが出来ますよ。
靴の寄附について、詳しくはブランディアの公式サイトをご覧ください。

 

靴 寄附


靴の処分は結構大変

靴 寄附

 

靴の処分って結構大変ですよね。
捨てるとしてもどうやって靴を処分していいか、結構難しいです。
燃えるゴミでいいのか、燃えないゴミなのか。
あるいは粗大ゴミなのか、資源ごみなのか。
お住まいの自治体によっても靴の処分方法って異なってくると思います。
自治体によっては、靴の処分は有料でお金がかかるという場合もあるかもしれません。
お金をかけて靴を捨てるぐらいなら、着払い送料無料でブランディアに送って、恵まれない子供達などへ寄付してもらったほうがいいと思いませんか?

 

靴 寄附

 

ブランディアでは靴を寄付するにしろ、処分するにしろ、はたまた買い取ってもらうにしろ、お金は一切かかりません。
ブランディアは完全無料で利用できるんです。
靴や洋服を寄付する場合、ブランディア公式サイトから宅配買取キットを申込みます。
宅配買取キットといっても、単にダンボールと着払い伝票のセットというだけです。
ダンボールは大きさを選んで送ってもらえます。
靴や洋服を寄付する場合には中ぐらいのダンボールで十分だと思います。
ダンボールを送ってくれるわけですが、その時に送料等はかかりません。

 

また、寄付したい靴や洋服をダンボールに詰めてブランディアに送り返すのですが、クロネコヤマトに電話して集荷にきてもらうだけでOKです。
着払い伝票がついてくるので、ブランディアに送り返すときの送料も無料です。
つまり、完全無料で靴や洋服の寄付ができちゃうというわけです。

 

靴 寄附

 

靴や洋服を寄付したいと思っても、送料がかかるといわれると躊躇しちゃいますよね・・・。
いくら善意で靴や洋服を寄付したいとはいえ、お金かけてまで・・・と思うのが普通の人だと思います。
その点、ブランディアであれば完全無料で靴や洋服の寄付が出来ちゃうんです。

 

靴や洋服を寄付するのなら、ブランディアがおすすめですよ。
ブランディアについて詳しくは公式サイトをご覧下さい。

 

靴 寄附

 


靴の処分のベストなタイミングとは

靴 寄附

靴の処分のベストなタイミングはいつでしょうか?
靴の寿命についても調べてみました!

 

靴は生活必需品の1つであり、誰でも1足以上は持っている事が多いです。
仕事用とプライベート用としても2足は必要となりますし、出掛ける場所や遊び用としても、別の靴が必要となります。

 

しかし足のサイズが変わってしまった時には、新しい物を買わないと、足が痛くなったり、爪が曲がったりしてしまいます。
歩いてまたは走ってみて、一番楽だと思った物を揃えるのが良いのです。

 

新しい物を買うと古い物は処分をしなければならなくなります。
処分のタイミングは、サイズ変更の時が理想です。

 

しかし靴も寿命とというものがあり、修理をしながら履きこなせば1足で10年ぐらいは十分に持ちます。
しかしスニーカーなどは、修理をすると余計にお金が高くついてしま事がありますので、処分のタイミングとしては、そこの部分が1センチ程度すり減った時が良いのです。

 

歩き方や走り方は、人それぞれ違うので、癖が必ずと言っていい程でます。
靴の場合は、かかとだけがすり減る事がとても多く、限界が1センチ程度なのです。頑張ればまだ履く事が出来ますが、足に負担が掛るのでこのタイミングになります。

 

またサイドの糸のほづれが酷くなってきた時も寿命と考えるべきです。
サイドは足の広がりの負担が一番掛ってしまうので、外出している最中に糸が全部ほづれてしまい、爆発状態にならない為にも糸のほづれも寿命になります。

 

購入してからある程度履くようでしたら、1年から1年半で処分となる事が多く、革靴では、修理を行った場合でも3年から4年が限度となる事が多いです。

 

靴の処分の基準を決め方について

靴 寄附

靴の処分の基準ってどうやって決めるのが良いのでしょうか?
靴の捨て時を逃さずに断捨離する方法について調べてみました!

 

断捨離がブームの一つとなって久しいです。
特に玄関は人に見られる場所でもあり、収納量がある程度限られる場所でもあります。
モノが収納から溢れている様子は美しくありませんし、いくらお気に入りでも訪問客から見ればぎょっとするものです。

 

モノを処分するのはコツがあります。
靴を処分する基準について、いくつかお話しします。

 

まずは靴を一つずつ出してみます。
要らないなと思うものは全て断捨離の対象です。
また、新しくても履き心地が悪いなどの理由で履かないならば捨てる基準に足しいていると言えます。

 

靴は道具です。
道具として使用することができない状態であれば、それは捨て時と言えるでしょう。
ヒールが削れていたり、こすれて色がはげていたり・・・なんていう靴はありませんか?
それは捨て時です。
せっかくのおしゃれの道具ですから、身に付ける時は気分よく身につけたいですよね。
履くことで気分が悪くなってしまう靴は処分します。

 

収納のサイズに合わせる方法もあります。
収納に美しく入るのは何足かを決め、新しいものを購入したら一足は処分する。
その処分の際は、同じジャンルのものを選べば、良いでしょう。
ブーツを買ったらブーツを処分する、というように。
その点を気をつければ、冬に履くものがない!!なんてことにはなりません。

 

ものを捨てるのに抵抗があるならば、リサイクルショップに出したりネットオークションで新しい持ち主を探すのも手です。
欲しいと思って手に入れた靴です。
新しい場所で新しい持ち主に大切にしてもらったら嬉しいですね。

 

靴の処分なら下取りしてくれるリサイクルサービスを活用しよう

靴 寄附

壊れてしまった靴やもう履かないので処分をする靴があるという場合にはただ捨てるだけでなく、下取りをしてくれるリサイクルサービスを利用すると、ちょっと得した気分になる事もあります。

 

捨てればただのゴミですが、リサイクルならば多少なりともお金になる可能性もあります。
買取不可の場合には仕方ないので、捨ててしまうしかないと思いますが、現金にはなりませんが、下取りをしてくれる所も存在します。
現金の下取りではなく、店舗専用の金券や割引券を貰える所もありますので、利用して損する事は無いのです。
新しい靴を買ったから処分をするので、次回又買う時の為に、金券や割引券を持っていれば、少しでも安く購入する事が出来るようになれるのでお得になるのです。

 

いらなくなった靴の処分は、出来れば現金化したいと思うのが普通ですが、ボロボロ状態であっても、一度はリサイクルサービスを利用して見積もりをしてもらう事が良いです。
めったにはありませんが、汚れが酷くこんな物は買い取ってくれることが無いと思っている物でも、マニアから大人気で、実際に買った定価と同じぐらいの買い取り額が査定される事もまれにあるので、あきらめない事が大切です。

 

また1足ではダメであっても2足なら下取りしてくれるような事は、結構ありますので、処分をする時には、いらない物をすべて持って行く事も頭に入れておいた方が良いのです。
下取りの数が多ければゴミと同様の物までも気持ち程度の下取りをしてくれる優しい所もあります。

 

 

 


靴を処分するのにフリマアプリを利用するのってどう??

靴の処分する時に思いつくのは

 

自治体のゴミ処理方法に従って捨てる
必要としている人に譲る、あげる
買取サービスを利用して、売る

 

などが上げられます。

 

最近では、テレビCMが流れていることもあってかフリマアプリを利用して靴の処分をするケースもあるようです。
つまり「靴の売買」ですね。

 

靴 寄附

 

フリマアプリの中でも知名度の高い「Mercari(メルカリ)」「ラクマ」「FRIL(フリル)」などでも靴の取り扱いはあり、多数の靴が出品されています。
現在、Mercari(メルカリ)に出品されている靴を見てみたところmブランド物、ノーブランド、ファストファッションブランドなど本当に多種多様の靴がありました。

スニーカー、パンプス、フラットシューズ、カッターシューズ、サブリナシューズ、ブーツ、ショートブーツ、ムートンブーツ、ブーティー、スリッポン、革靴、サンダル、ビーチサンダル、オープントゥ、ミュール、ピン・ヒール、ローファー、オックスフォードシューズ、ブラッチャー、バルモラル 、ブローグ、ハイヒール、子供の靴、ベビーシューズ、バレエシューズ

 

ブランド別で見ていくとファストファッション系の靴が目立ちました。

UNIQULO(ユニクロ)、GU(ジーユー)、H&M(エイチアンドエム)、GAP(ギャップ)、ZARA(ザラ)

 

また、スニーカー・シューズブランドも多いですね。

NIKE(ナイキ)、adidas(アディダス)、converse(コンバース)

 

またいわゆる高級ブランド靴もちらほら。

ディオール(Dior)、フェラガモ(Salvatore Ferragamo)、プラダ(PRADA)、クリスチャンルブタン(Christian Louboutin)、ジミーチュウ(JIMMY CHOO)
セルジオロッシ(Sergio Rossi)、トッズ(TODS)、マノロ ブラニク(Manolo Blahnik)

 

日本の老舗ブランド靴もありました。

リーガル(REGAL)、銀座かねまつ、ダイアナ(DIANA)

 

ここに挙げたのはMercari(メルカリ)に出品されているほんの一例です。
多くの靴がフリルアプリでは取り扱われています。

 

フリマアプリで靴を売買するときの注意点

靴 寄附

 

ただ、フリマアプリでの靴の売買では、注意する点も多くあります。
それが使用品の靴の売買です。

 

未使用、新品と違い、使用した靴というのはどうしても汚れがついているものです。
その汚れも、使用回数によって汚れにかなり差があります。
もちろん商品説明の箇所に「使用済」と明記はすることになるのですが、どのくらいの使い古し具合を想像しているかは人によって違いがあります。

 

靴の出品者と購入者の間で使い込み具合について、同じくらいを考えていれば問題はありません。
ですが、購入した人が実際に手元に靴が届いて「こんなにボロボロな状態だとは・・・」とトラブルいうことも少なくないようです。

 

靴の売買については、購入する前に、メッセージ機能などを使い商品の状態についてきちんと把握するなどのコミュニケーションをとってから買われることをオススメします。
ましてや、処分をしたい靴というのはもうボロボロであるものだったりしますよね。。。
靴の処分にフリルアプリを利用することは良いと思いますが、正しく状態を伝えたうえで、購入してもらうよう心がけましょう。

靴の処分するときに気をつけたいゴミ分別について

靴 寄附

靴の処分方法には寄付、知り合いに譲る、リサイクルショップなどに買取してもらうなどがあります。

 

まだ履くことができる靴を捨ててしまうのは、もったないですし、エコの観点から言っても良くありません。
ですので、状態が悪くない靴でしたら、必要とする人に再度履いてもらう方法を選ぶのが良いと思います。

 

ですが、履きつぶしてしまったボロボロの靴はやはりゴミとして処分をせざる得ないでしょう。
むしろ、ボロボロになるまで履けば、靴も役割を全うしたことになりますから、感謝の気持ちを込めて手放すことができると思います。

 

ここではそんなもう履くことができないような靴をゴミとして処分する場合のゴミ分別方法についてまとめました。

 

靴のゴミ分別は自治体によって違う

靴 寄附

これは靴に限ったことではないのですが、ゴミの処分について分別方法は自治体によって違います

 

つまり、靴のゴミ処分を「燃えるゴミ(可燃)」としている地方もあれば、「燃えないごみ(不可燃)」としている地方もあるかと思います。
もしくは、他の特別な分類にしているケースもあるかもしれませんね。

 

ですので、ゴミの分類に関しては各自治体で配布されている「ゴミの分類パンフレット」や「公式WEBサイト」などを見るのが一番でしょう。

 

なお、靴のゴミ処分についていくつかの自治体の例を上げたいと思います。

 

神奈川県横須賀市

基本的に靴は「燃やせるゴミ」になります。
靴底がゴムや樹脂製のものは、「不燃ゴミ」になります。
靴の中敷は「不燃ゴミ」になります。
靴にプラスチック製の詰め物がある場合は、詰め物は「容器包装プラスチック」になりますので、靴から取り出してゴミ出しします。
神奈川県横須賀市の公式サイトより(https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/)

 

神奈川県横浜市

横浜市では以下のものは全て「燃やすごみ」になります。
靴、靴のインソール、靴ひも、ゴム長靴、スキー靴、スノーボード用ブーツ、スケート靴、スパイクシューズ、スリッパ、ブーツ

 

ただし、金属部分は「小さな金属」としてゴミ捨てしないといけません。
スパイクシューズの靴裏のスパイクなどは取り外して処分することになります。
神奈川県横浜市の公式サイトより(http://cgi.city.yokohama.lg.jp/shigen/bunbetsu/)

 

いらない靴を処分すると風水的に運気アップするらしい

靴 寄附

いらない物、使っていない物にはマイナスの気が溜まりやすく、そのまま放置しているとその物自体がマイナスの運気を発してしまうため、風水では思い切って捨ててしまったほうが良いとされています。
履いていない靴を自宅にいつまでも保管しているという方も、そちらを処分したほうが良いでしょう。

 

履いていないものだけでなく、形の合わない靴もあまりよろしくないとされています。
一番いけないこととしては、汚れたり古くなったりした靴をいつまでも履いていると行動力が大幅に下がってしまい、良い出会いや良い場所へ導いてくれるチャンスが巡ってこなくなってしまいます。
また、自分の体に大地のエネルギーを結ぶ役目をしているため、風水にとっては靴は重要な役割を果たしていると言えます。

 

風水的に良い靴の処分方法や購入の仕方とは

靴 寄附

処分方法としては、靴底を綺麗に拭いてあげて、塩をまいて捨てると新たな運気が巡ってきやすくなります。
拭く時や、捨てる時には感謝の気持ちを込めたほうが今後も運気を得られやすくなります。

 

また、まだ履くことができる靴ならばぜひ寄付や必要としている方に譲るということも考えていただければと思います。
靴を必要としている人は世界中にいます。
もう履かれないはずだった靴が誰かの役に立つ。
これほど良いことはありません。

 

新たに購入するという方は、年の始まりの新年が良いとされているので、年末に古いものを処分して新年に新しいものを購入するというのが良いでしょう。

 

下駄箱も靴であふれているようであれば、整理をするか、使用頻度の低いものはいくつか捨ててしまったほうがすっきりとさせることができます。
湿気の溜まりやすい場所となるので、大掃除の時だけでなく数か月に1回は掃除をするようにしましょう。
湿気がこもらないように除湿グッズで対策をするのも良いでしょう。