靴 寄附 アフリカ

MENU

アフリカの子どもに靴を寄付したい!どこで受付している?

外に行くときは靴を履いていく。
そういう当たり前に思っていることが、当たり前ではない国があります。

 

それはアフリカです。

 

寄生虫病、感染予防、ケガなどによる破傷症の予防のためにも、靴は欠かすことができないものです。

 

それが叶わない子どもたちのために、あなたが捨てられない靴、または不要な靴を寄付してみませんか?
その靴を喜んでくれる方がいるんです。

 

1人でも多くの子供たちを笑顔にしてあげてみませんか?

 

しかし、いざ寄付してみようと思ってもどこで受け付けているかなんて、ほとんどの方は知らないかと思います。
寄付をする気持ちがあっても、知らなければ進みませんよね。

 

ここでは、アフリカの子供に靴を寄付する方法を書いていきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

不要な靴をアフリカの子供に寄付する方法

アフリカに不要な靴を寄付する方法ですが、いくつかの団体がありますので、そちらにお問い合わせください。

 

ワールドギフト

こちらは、靴はもちろんのこと、家で中途半端に残ってしまったおむつなども一緒に送ることができます。

 

捨ててしまえば、ただ燃やされるだけですが、次の方が使ってくれるのであれば、嬉しいですよね。

 

送るときは、120サイズ~160サイズまでの大きさの段ボールに詰めてください。

 

詰める際に、組み合わせに決まりはありませんので、靴とタオルなど送りたい品を一緒に詰めてください。

 

段ボールのサイズのはかり方ですが、縦×横×高さの3辺の合計が各荷物のサイズになります。
そして、重さは30キロまでです。

 

各サイズごとの集荷料金を書いていきます。

  • 120サイズ  2400円
  • 140サイズ  2900円
  • 160サイズ  3700円

 

こちらの料金には、アフリカに送るときの船賃など、色んな費用も含まれています。

 

不要の靴をみんなで集めて、一緒に送るというのもいいかと思いますので、この機会に寄付をしてみませんか?

 

NPO SB.Heart Station

こちらは、学校で使用する上履き、運動靴、サンダル、長靴を求めています。
サイズは、26センチまでで破れがない靴を洗ってから送ってください。

 

子供ってすぐ足のサイズが変わってきますので、まだまだ履けると思っていた上履きでも、新学期を迎えると、
履けなかったりしますよね。
あまり汚れてもいないし、捨てるのはもったいないと思っている方、ぜひ、アフリカの子供たちに寄付してあげてください。

 

アフリカの子供たちも、外で思いっきり走ったり、サッカーをしたりしたいはずです。
そんな子供のために、不要の靴を寄付してあげてくださいね。

 

他にも、卒業してしまったので、鉛筆など使わなくなったという方、それも一緒に送ってあげられますので、不要の筆記用具があれば、一緒に同封してあげてください。

 

送り先は以下になります。

 

〒339-0002
埼玉県さいたま市岩槻区大字裏慈恩寺230番地4
(株)総美内特定非営利活動法人SB.Heart Station事務局

 

電話番号048-795-3336

 

月曜〜金曜 AM9時〜PM5時

 

こちら宛に、元払いで送ってください。
ボランティア活動のため、送料等は自己負担でお願いします。

 

個人の方が寄付するときは、上記に問い合わせてみてください。

 

その他海外でも靴の寄付を必要としています

アフリカの他にも、靴を必要としている国はあります。

 

アフリカと同じくらい靴を求めている国は、フィリピンです。
靴を買う余裕がなく、今も子供たちは裸足で過ごしています。

 

アジア、アフリカ地方では、まだまだそんな暮らしをしている子供たちが、たくさんいます。

 

ただサイズアウトしただけの靴を、そんな子供たちに寄付あげてください。

 

まとめ

私は、子供がたくさんいて靴やサンダルがたくさんあります。

 

上靴も、すぐ小さくなります。

 

まだ履けるのになぁ・・・なんて思いながら、処分したりしていました。

 

その当時は寄付する方法を知らず、何足も無駄にしました。

 

今では、寄付するために、箱に靴をためているところです。
箱が満タンになったら、送ろうと思っています。

 

うちの子の靴が、他の子供に喜んでもらえるなら光栄です。

 

あなたも一緒に、寄付してみませんか?

 

トップページ:靴の処分について>>